トップ >> 葬儀を公民館で行うこと

ピンチに備える情報

最近の葬儀の傾向について

昔は、葬儀といえば公民館やセレモニーホールを使い、親族だけではなく遺族の会社関係や、近所の人などが大勢集まって盛大に行われることが多かったものです。しかし、最近では核家族化や少子化、高齢化などさまざまな社会的な要因が重なり、大規模にやるよりも、家族などの身内を中心に親しい人だけでゆっくりとお別れをするという傾向があります。このような消費者のニーズに合わせて、業界でも「家族葬」とよばれるものを売り出すようになりました。一般葬に比べて、家族葬とよばれるものは、身内をはじめ近親者のみで葬儀を行うものです。

葬儀保険の必要性について

葬儀にかかる費用を、用意できるだけの資金を持っている方は、家族が亡くなった際にも問題はないのですが、高齢化や少子化が進むことによって、近頃はお葬式などにかかる費用を賄いきれないという方が多くなっています。家族が亡くなると、病院の治療費を清算したり、初七日や四十九日法要にかかる費用、遺産を相続するのに必要な費用、家財を処分する費用もかかります。お墓や仏壇がない家では、新しく購入するのにも費用がかかります。費用が心配な人は、葬儀保険に加入することを検討する必要があります。