トップ >> 小児科のかかりつけを持つ

ピンチに備える情報

小児科医が減っている?

小児科の医者は18年連続して減り続けていて深刻な社会問題となっています。その理由はいくつかあります。ひとつに採算性の問題があります。子供の体に負担にならないように、最小限の薬や検査などしか行えないので採算が合わないのです。また子供は症状をきちんと伝えられず、いうことも聞かないことが多いので手間がかかり、医師から敬遠されがちです。子供は夜間や休日などに具合が悪くなることが多く、小児救急医の不足も深刻な問題となっています。